アウトソーシングのメリット

アウトソーシングは1980年代よりアメリカで積極的に導入され、1990年代のアメリカ経済の復活を支えた原動力として日本でも注目されるようになりました。
日本では当初、アウトソーシングの活用は情報関連分野に限定されていましたが、各業界での規制緩和・国際化による競争激化により企業を取り巻く環境が厳しさを増したことから、情報関連以外の分野についてもアウトソーシングの動きが加速しています。

自社の中核事業に注力し、事業拡大(選択と集中)

自社にノウハウが少ない分野や付帯的な業務をアウトソーシングすることによって事業の効率化(人材、経費、設備、時間、管理等)が図れ、自社の特化すべきコアビジネスに集中することが可能となります。自社の得意分野に注力することによりライバル社との差別化が容易となります。

固定費から変動費に移行し、総コスト削減(コストダウン)

景気の変動、業務量の増減、業務期間の変化など、経営環境の変化に対しフレキシブルな対応がせまられます。そこで一つの事業を行う際に固定費は核となる正社員の賃金のみにおさえ、他の一切をアウトソーシングしその費用を変動費化することにより経営環境の変化に対し柔軟に対応できるようになります。
また、遊びのあった固定費が変動費化することによりコスト削減につながります。

正社員をより付加価値の高い業務へシフト(人材活用)

現場から管理まで全てを自社内スタッフで処理することはそれなりにメリットがあることですが、本来、正社員には正社員にしかできない付加価値の高い仕事へシフトしてもらうことが望まれます。

人材、設備などのリスクなく新規事業に着手可能

新分野や新規事業に着手する際には、自社で人材、設備、ノウハウなどを確保した上で開始するケースが主流でしたが、ビジネス速度が重要となっている現在では、ビッグチャンスを失いかねません。新規事業で自社でまかないきれない部分は積極的にアウトソーサーを活用することで迅速なビジネス展開が可能となります。

資料請求・お問い合わせはこちら

03-6214-0061

お問い合わせはこちら

ページトップへ

このページの上部へ戻ります。